新規口座開設ボーナスを利用すれば、実質リスクゼロでトレードできる 新規口座開設はこちらから

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引とは?メリットやデメリットを徹底開設!

TRYKMAGAZINE
悩み人
・仮想通貨のレバレッジとはなんなのか
・仮想通貨でレバレッジを行うメリットを知りたい!
・国内取引所と海外取引所でレバレッジ取引するならどちらがおすすめなの?

こんな悩みを解決します。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
簡潔にいうと、
・レバレッジ取引は、通常の取引よりは「資金効率」がいい!
・仮想通貨のレバレッジはあくまでも取引方法の一つの手段である
・国内取引所よりも海外の取引所のほうがメリットがたくさんある

レバレッジ取引は、現物取引よりも大きな利益を単発的に狙いたい方におすすめの取引方法の一つです。

ただし、仮想通貨は値動きが激しい分、誤った取引方法をしてしまうと大きな損失にもなります。

そんなレバレッジ取引ですが、メリットやデメリットを事前に把握しておきたいものですよね!

本記事では、仮想通貨のレバレッジ取引について、基本的な仕組みからメリットとデメリットを詳しくご紹介します。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
海外取引所は、豊富なボーナスキャンペーンを用意されています。
これらのボーナスを利用すれば、入金しなくてもただで取引できるのでうまく活用しましょう。
もくじ

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引とは

仮想通貨のレバレッジ取引とは、簡単にいうと、少ない資金(証拠金)を担保にして、「預けた金額以上の何倍もの」資金で取引できる仕組みです。

このレバレッジ取引を利用することで自己資金以上の仮想通貨に投資できる魅力があるのです。

以下の例を見てみましょう。

自己資金5万円でレバレッジ取引を行った場合

  • 自己資金:5万円
  • レバレッジ設定:10倍
  • =50万円の資金で取引可能

つまり、レバレッジ取引を行うことで、小さな資金でも大きな利益を狙える可能性があるということ。

レバレッジ取引の仕組みとは

レバレッジ取引は、「差金決算方式」という方法です。

簡単に説明すると、差額での利益や損失をやりとりする差金取引と呼ばれる仕組みです。

以下の例を確認してください。

10万円分の仮想通貨を購入

  1. 自己資金で仮想通貨10万円買う
  2. その仮想通貨を11万円で売る
  3. その差額1万円分の利益

また、仮想通貨のレバレッジ取引は、「空売り」もできるため、仮想通貨の価格が下がっている場合でも、利益を得られる仕組みとなっています。

レバレッジ取引と現物取引の違い

レバレッジ取引と現物取引は異なります。

レバレッジ取引 現物取引
投資期間 短期間 中・長期間
レバレッジ あり なし
空売り あり なし

ある程度、分かったでしょうか。

簡単に言うと

  • レバレッジ取引:「売り」と「買い」の注文ができ、レバレッジ取引ができる
  • 現物取引:「買い」のみの注文でレバレッジなし

大きな違いは、「レバレッジがあるか」と「空売り」の有無です。

空売りとは?

「売り」から始める取引のこと。
高く売って安く買い戻すことで、その差額が利益となります。

レバレッジ取引とは?

レバレッジ取引とは、自己資金以上の取引ができる仕組みのことです。
仮想通貨取引所によっては、最大1000倍のレバレッジで取引できるので、少ない資金で大きな利益を狙えます。

レバレッジ取引では、保有していない通貨を先に売る「空売り」することが可能です。

そのため、現物取引と違って、価格が下がった場合でもその差額で利益となります。

また、現物取引は保有している通貨が上昇しない限り、利益となりません。

レバレッジ取引の特徴

レバレッジ取引の最大の特徴は「下落相場でも利益を狙える」ことです。

というのも、「将来、価格が下落すると判断して価格が高い時に仮想通貨を売って、価格が下がったタイミングで買い戻す」といったことがレバレッジ取引では可能です。

反対に、現物取引では、「空売り」ができないので下落相場での利益は得られない特徴があります。

レバレッジ取引 現物取引
上昇相場 価格が低い時に仮想通貨を買って、価格が上がったタイミングで売却することで利益を狙うことが可能。 価格が低い時に仮想通貨を買って、価格が上がったタイミングで売却することで利益を狙うことが可能。
下落相場 価格が高い時に仮想通貨を売って、価格が下がったタイミングで買い戻すことで利益を狙うことが可能。

レバレッジ取引では、「上昇相場」や「下落相場」に対しても取引できます。

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジのメリット

仮想通貨FXでレバレッジ取引を行うメリットは以下です。

上記の内容を詳しくご紹介します。

メリット1

少額の資金でも大きな利益を狙える

レバレッジの最大のメリットは、少額の資金でも大きな利益を狙えるということです。

というのも、海外の仮想通貨FXの「FXGT」の場合、最大レバレッジ1,000倍です。

ということは、1万円の金額でもレバレッジ200倍で約200万円と同じ金額で取引でき、より大きな利益を狙えます。

このようにレバレッジをかけて取引した場合、リターンが大きくなることがメリットです。

また、海外の取引所は、追証なしのゼロカットシステムを採用しているため、入金した金額以上の損失はありえません。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
この「ハイレバレッジ取引」と「ゼロカットシステム」の相性がいいのです。
メリット2

下落相場でも利益を見込める

レバレッジ取引は、「価格の上下の変動」を予測して、取引します。
そのため、「買う」「売る」の両方に対応しているため、下落でも利益を見込めるメリットがあります。

また、現物取引の場合、仮想通貨の価格が下がっている場合でも、利益を狙うことができません。

つまり、レバレッジ取引のほうが、「売り(空売り)」でも利益を狙えます。

メリット3

24時間365日取引できる

仮想通貨・レバレッジ取引は、24時間365日いつでも取引できるメリットがあります。

株式や為替など他の金融商品でも取引できますが、日本株は日中しか取引できません。

また、為替も平日しか取引できないため、平日、忙しい方にとっては取引タイミングを逃してしまします。

仮想通貨のレバレッジ取引の場合、土日の24時間365日取引できるため、自分の好きなタイミングでどんな相場でも利益を狙えるメリットがあるのです。

ただし、システムメンテナンスを行っている時間帯のみ取引できない可能性が高いので十分に注意しましょう。

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジのデメリット

仮想通貨のレバレッジには、メリットが優れていますが、デメリットも存在します。

取引する前に、どのようなデメリットがあるのか把握しておきましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引を行うデメリットは以下です。

上記の内容を詳しくご紹介します。

デメリット1

損失が大きくなる可能性もある

仮想通貨のレバレッジ取引で、大きな利益を狙える反面、損失も大きくなる可能性が挙げられます。

たとえば、10万円分のビットコインを保有していたとします。
そして、10%と下落したものとします。
レバレッジ取引では、レバレッジ2倍で設定したものとします。

  • 現物取引の場合:1万円の損失
  • 10万円の10%なので損失1万円

  • レバレッジ取引の場合:2万円の損失
  • レバレッジ2倍をかけているため、損失は2万円

小さな値動きでも、レバレッジを掛けて取引した場合、損失が増えるということを覚えておきましょう。

デメリット2

価格変動によるリスクの発生

仮想通貨、ドル円などの為替と比べて、上下の値動きが激しいものです。
そのため、短期間で大きな利益を狙えるのはもちろんのこと、その反面、短期間に大きな損失を伴うこともデメリットと言えます。

価格変動が激しいというリスクを注意しておき、堅実なレバレッジ取引で利益を狙う必要があります。

デメリット3

日本の取引所の場合、口座以上に損失が膨らむことがある

国内の仮想通貨FXを利用しレバレッジ取引を行った場合、口座以上の損失はすべて請求される可能性があります。

追証がある国内取引所を利用すると、たとえ、ロスカットされても足りなくなった資金の入金を求めらえる場合があります。

この追証は場合によっては数百万円のケースになるかもしれないので、十分に注意が必要です。

その点、海外の仮想通貨取引所の場合、ゼロカットシステムを採用している業者が多いので、口座残高以上にマイナスになったとしても、そのマイナス分は業者が負担してくれます。

なので、レバレッジ取引をしても安心してトレードできるのです。

デメリット4

レバレッジ取引での長期保有は向いていない

レバレッジ取引は、長期保有には向いていません。

というのも、保有しているポジションの含み損が増えた場合、強制的にロスカットされてしまいます。

「あと、少しでプラスになるのに」と思っても、強制的にロスカットされてしまうため、長期保有には向いていません。

仮想通貨をもし、長期保有したい場合は、ロスカットの心配がない、現物取引を行いましょう。

レバレッジ取引で失敗しないための気をつけておくべきポイント

レバレッジ取引経験の私が実際のレバレッジ取引における気を付けておくべきポイントをご紹介します。

以下で紹介する内容に注意して「レバレッジ取引」に挑戦しましょう。

ひとつひとつ詳しくご紹介します。

回避する方法1

証拠金率を保つために意識する

仮想通貨のレバレッジ取引を行う場合、損しないためにも、証拠金維持率が重症になります。
この証拠金を保っておかないと、すぐにロスカットされてしまい、強制的に決済される恐れがあります。

そのため、急激な値動きに対応できなくなり、利益が出しにくくなります。

これらを避けるためにも、証拠金維持率をある一定以上に保つように意識しましょう。

証拠金を保つためには、入金が必要となります。

回避する方法2

徹底して損切りラインを明確にしておく

レバレッジ取引だけではありませんが、投資する以上、自分の中で損切りラインを事前に決めておくのも必要なポイントです。

損切とは?

損切とは、取引において予想値と違った動きをしたときに損失でもすぐさま決済することを指します。

というのも、「いつか上がる」と信じても傷が深くなる一方です、これは、経験済みです。
そのため、さらに損失が膨らまないように、想定と違った場合、すぐに見切り損切りしましょう。

たとえば、以下のように設定するといいかもしれません。

  • 利益:10%発生したら注文を決済
  • 損失:3%発生したら損切りする

など、具体的な数字を決めておくことが大切です。

このように、損切りのルールを明確にしておけば、安定的に利益を出し続けてくれる可能性もあります。
大きな取引をするのではなく、細かく堅実な取引を行いましょう。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
手元に利益を残すためにも、必ず損切は意識するポイントです。
自分の損切ルールを明確にして取引を行いましょう。
回避する方法3

余剰資金で必ず取引をする

仮想通貨のレバレッジ取引のみのことではありませんが、必ず余剰資金から取引するようにしましょう。

余剰資金というのは、生活において支障または影響しないがないお金のこと。

あくまでも、「投資」のため、必ず利益が出るというわけではありません。
そのため、損失が膨らんだ場合、実生活にまで影響します。

自分の生活が疎かになったり、守れなくなる場合を回避するためにも、生活に困らないお金で取引しましょう。

たとえば、

  • サラリーマンの方:月に1万円ずつ
  • 結婚していてお小遣い制度の方:月5,000円すつ

このように、生活に支障をきたさない程度のお金を使いましょう。

回避する方法4

仮想通貨の情報を収集する

仮想通貨の取引において、ただ漠然と取引するのではなく、取引する暗号通貨のこれまでのどうお香や時価総額、市場全体を把握しておくと、有利に取引を進めることができます。

そのため、仮想通貨の日々のニュースに目を光らしておくことも大切なぽいんとです。

今や、スマホアプリでも仮想通貨のニュースは収集できます。
人気が高く、情報の質も高い仮想通貨ニュースをダウンロードして情報収集しましょう。

国内取引所よりも海外取引所のほうがおすすめ

国内取引所よりも海外取引所のほうが断然、おすすめです。

というのも、以下の理由があるからです。

  1. 国内取引所に比べ、最大レバレッジが高い
  2. ・国内取引所の場合:最大レバレッジ2倍
    ・海外取引所の場合:最大レバレッジ1,000倍

  3. 国内取引所に比べ、手数料が安い
  4. ・国内取引所の場合:目に見えない手数料がある
    ・海外取引所の場合:ある程度の手数料が把握できる

  5. 国内取引所に比べ、ゼロカットシステムがある
  6. ・国内取引所の場合:口座以上の損失は、借金となる
    ・海外取引所の場合:口座以上の損失は、業者が負担しくてくれるため借金にならない

  7. 国内取引所に比べ、取り扱い通貨数が豊富
  8. ・国内取引所の場合:トップクラスの業者でも20種類前後
    ・海外取引所の場合:100種類以上の銘柄がある

  9. 国内取引所に比べ、ボーナス・キャンペーンが豊富
  10. ・国内取引所の場合:1,000円~3,000円
    ・海外取引所の場合:5,000円~10,000円

これらのほかに、海外取引所のほうが登録が簡単です。
レバレッジ1,000倍で取引でき、口座以上の損失がないのは、大きい利点だと断言できます。

つまり、仮想通貨や為替の取引をするなら、国内の取引所よりも海外の取引所を一度、利用してみましょう。

レバレッジ取引におすすめの海外取引所

レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所は以下です。

海外取引所 最大レバレッジ ロスカット水準 金融ラインセンス MT5 日本語対応 口座開設ボーナス 詳細

FXGT
最大1,000倍 50% セーシャル共和国 対応 対応 10,000円
終了日未定
詳細

Bitterz
最大888倍 100% なし 対応 対応 10,000円
~2022年10月9日 23時59分
詳細

cryptogt
最大500倍 100% なし 対応 対応 なし
-
詳細

XMtrading
最大250倍 20% セーシャル金融庁
モーリシャス金融サービス委員会
対応 対応 3,000円
いつでも
詳細

Bybit
最大100倍 50% なし 対応 対応 なし
-
詳細

Binance
最大20倍 100% カナダ・バーレーン 対応 対応 なし
-
詳細

Titanfx
最大20倍 20% バヌアツ金融サービス委員会 対応 対応 なし
-
詳細

海外取引所は国内取引所に比べ、豊富なボーナスキャンペーンが用意されています。

これらのボーナスを利用して誰よりもお得に取引を始めましょう。

まとめ:仮想通貨のレバレッジをうまく活用して取引しよう

仮想通貨レバレッジは、自己資金を何倍も増やし取引できる方法です。

仮想通貨のレバレッジをまとめると次の通りです。

  1. レバレッジ取引は少額でも大きな利益を狙える
  2. 売り(空売り)で下落相場から利益を狙える
  3. 海外の取引所を利用すれば追証がないので、安心して取引できる
  4. 取引所によって最大レバレッジの数値が異なる

また、国内取引所よりも追証がない点やボーナスキャンペーンが豊富なことから、資金が少ない方にとっては海外取引所で仮想通貨を取引したほうがおすすめです。

先ほど、紹介した取引所から気になるものがあれば、ぜひ登録して、取引してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ