新規口座開設ボーナスを利用すれば、実質リスクゼロでトレードできる 新規口座開設はこちらから

FXGTの口座タイプ6種類を比較!各口座の特徴と選び方を解説!

TRYKMAGAZINE
悩み人
・FXGTの口座の種類はどんなのがあるの?
・各口座タイプのメリットとデメリットを知りたい!
・どの口座がおすすめなのか知りたい!

こんな悩みを解決します。

FXGTは、幅広いFX通貨ペアと仮想通貨ペアを取引でき、最大1,000倍のレバレッジを賭けてトレードできるFX業者です。

なお、口座タイプは6種類あり、それぞれ特徴が異なります。

この、FXGTの口座タイプを自分に合ったものを選ばないと大きな損失になってしまう恐れもあります。

そこで本記事では、FXGTの各口座タイプの特徴や注意点から選び方を詳しく比較検証していきます。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
各口座タイプを抑えつつ、自分に適した口座タイプを選定していきましょう。
期間限定で口座開設ボーナスもあり、
こちらを利用したらノーリスクで出金できるお金が稼ぐことができます。
本人確認完了するだけで5,000円分のトレード資金がもらえる!
FXGTボーナスキャンペーン
もくじ

FXGTの口座タイプを比較

口座タイプ セント口座 ミニ口座 スタンダードFX口座 スタンダード口座+ PRO口座 ECN口座
通貨単位 1,000 10,000 100,000 100,000 100,000 100,000
口座基本通貨 USD, EUR BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY
通貨ペア 為替メジャーペア, 為替マイナーペア 為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数, メタルとエネルギー, 暗号資産, CFD, GTi12指数 為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数, メタルとエネルギー, 株式, 仮想通貨, シンセティックペア, GTi12, [DeFiトークン], [NFT] 為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数, メタルとエネルギー 為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数, メタルとエネルギー 為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数, メタルとエネルギー, 株式, 仮想通貨, シンセティックペア, GTi12, [DeFiトークン], [NFT]
最低スプレッド 1.9pips 1.0pips 1.5pips 1.5pips 0.6pips 0.0pips
取引手数料 $0 $0 $0 $0 $0 為替:$6/ロット
仮想通貨:0.1%/ロット
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 500倍 1,000倍 1,000倍 1,000倍
初回最低入金額 $5 $5 $5 $5 $5 $5
ボーナス 対象 対象 対象 対象 対象外 対象外
最小取引ロット数(1ポジションあたり) 0.01 0.01 0.01 0.01 0.01 0.01
最大取引ロット数(1ポジションあたり) 500 200 100 100 200 200
最大保有可能ロット数(1口座あたり) 4,000 500 200 200 200 200
マージンコール 50% 50% 70% 50% 70% 70%
ロスカットレベル 20% 20% 40% 20% 40% 40%
追証 なし なし なし なし なし なし
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

FXGTの口座は、「セント口座」・「ミニ口座」・「スタンダードFX口座」・「スタンダード+口座」・「PRO口座」・「ECN口座」の中から選んで取引できます。

なお、各口座タイプによって特徴やメリット・デメリットがそれぞれ異なるので、詳しく解説します。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
FXGTの口座タイプの特徴からおすすめできる方も合わせて紹介するね!

セント口座の特徴とメリット・デメリット

FXGTのセント口座は、FXを始めようとしている初心者の方やこれからFXに挑戦しようとしている方に最適な口座タイプです。

セント口座
通貨単位 1,000
口座基本通貨 USD, EUR
通貨ペア 為替メジャーペア, 為替マイナーペア
最低スプレッド 1.9pips
取引手数料 $0
最大レバレッジ 1,000倍
初回最低入金額 $5
ボーナス 対象
最小取引ロット数(1ポジションあたり) 0.01
最大取引ロット数(1ポジションあたり) 500
最大保有可能ロット数(1口座あたり) 4,000
マージンコール 50%
ロスカットレベル 20%
追証 なし
詳細 詳細を見る

セント口座は、1ロット=1,000通貨の単位で取引できる口座です。

最小取引量は0.01ロットからなので、最小の10通貨から取引できます。

その他で比較すると、スタンダード口座とECN口座は1ロット10万通貨と100分の1の取引サイズとなります。

たとえば、仮に10通貨のポジションを保有している場合、1円の値動きでも10円しか変動しないため、最小の額で取引でき、リスクも抑えることができます。

ただし、値動きが小さい分、長期にわたってトレードしたとしても大きく稼ぐことはできません。

セント口座のメリットとデメリット

セント口座のメリットとデメリットをご紹介します。

  • 1ロット1,000通貨なので少額から取引できる
  • 為替通貨ペアを限定して取引できる
  • 入金ボーナスを利用できる
  • 他の口座タイプと比べて比較的スプレッドが高く設定されている
  • 口座の基軸通貨はUSD(米ドル)とEUR(ユーロ)のみ
  • 日本円を証拠金として取引することはできない
  • 為替鹿取引することができない
  • 取り扱い通貨ペアが少ない
  • 仮想通貨で取引できない

他の口座タイプと比べても制約が多い印象があります。

証拠金として日本円を利用できないうえに、入金する際、米ドルやユーロの取引のみなので、両替手数料がかかってしまう欠点もあります。

取引回数が多い手法でトレードする方にとっては避けたほうがいいかもしれません。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
セント口座のメリットとデメリットを比較して、自分に合っているのか判断しましょう。

セント口座はこんな方におすすめ

セント口座に向いている方はこんな方です。

  • 為替ペアで取引した方
  • とにかく最小単位でFXを取引したい方
  • とりあえずFXを体験してみたい方
TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
FXGTのセント口座は、大きく稼ぐことができません。
なお、仮想通貨などで取引したい方は別の口座タイプをおすすめします

ミニ口座の特徴とメリット・デメリット

FXGTのミニ口座は、セント口座よりも幅広い取引を実現したい方におすすめの口座タイプです。

ミニ口座
通貨単位 10,000
口座基本通貨 BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY
通貨ペア 為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数, メタルとエネルギー, 暗号資産, CFD, GTi12指数
最低スプレッド 1.0pips
取引手数料 $0
最大レバレッジ 1,000倍
初回最低入金額 $5
ボーナス 対象
最小取引ロット数(1ポジションあたり) 0.01
最大取引ロット数(1ポジションあたり) 200
最大保有可能ロット数(1口座あたり) 500
マージンコール 50%
ロスカットレベル 20%
追証 なし
詳細 詳細を見る

ミニ口座は、1ロット=10,000通貨の単位で取引でき、さらに最大1,000倍のレバレッジを賭けることができます。

国内FXと同じ感じで取引できます。

なので、国内FX業者から乗り換える際には、抵抗なく取引が行える口座タイプです。

ミニ口座のメリットとデメリット

ミニ口座のメリットとデメリットをご紹介します。

  • 1ロット10,000通貨で取引できる
  • 日本円はもちろん、米ドルやユーロ、仮想通貨を証拠金として取引できる
  • 為替や仮想通貨、貴金属などの取引もできる
  • 期間限定で行われる口座開設ボーナスや入金ボーナスを利用できる
  • 最低スプレッド10pointsと比較的低い
  • スタンダード口座に比べるとスプレッドが高く設定されている
  • 他のスタンダード口座と比べてやや銘柄数が劣っている

ミニ口座は日本円を証拠金としてトレードできる魅力があります。

なお、スプレッドが比較的低いため、トレードを繰り返す手法の方にとっては、スプレッドによる損失を抑えられるためより利益を確保できるでしょう。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
ミニ口座のメリットとデメリットを比較して、自分に合っているのか判断しましょう。

ミニ口座はこんな方におすすめ

ミニ口座に向いている方はこんな方です。

  • 少額の資金で取引したい方
  • 通貨単位も抑えて取引したい方
  • 国内FX業者から乗り換える方
TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
ミニ口座は、1ロットが10,000通貨と日本国内FX業者の「1枚」と同じです。
そのため、日本国内でトレードしている方にとって抵抗なく始めやすい口座タイプと言えるでしょう。

スタンダードFX口座の特徴とメリット・デメリット

FXGTのスタンダードFX口座は、ユーザーの中でも最も人気の高い口座タイプです。
何を選ぶか迷っている方にはおすすめです。

スタンダードFX口座
通貨単位 100,000
口座基本通貨 BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY
通貨ペア 為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数, メタルとエネルギー, 株式, 仮想通貨, シンセティックペア, GTi12, [DeFiトークン], [NFT]
最低スプレッド 1.5pips
取引手数料 $0
最大レバレッジ 500倍
初回最低入金額 $5
ボーナス 対象
最小取引ロット数(1ポジションあたり) 0.01
最大取引ロット数(1ポジションあたり) 100
最大保有可能ロット数(1口座あたり) 200
マージンコール 70%
ロスカットレベル 40%
追証 なし
詳細 詳細を見る

スタンダードFX口座は、1ロット=100,000通貨の単位で取引でき、さらに最大1,000倍のレバレッジを賭けることができます。

なお、エクイティレバレッジが採用しています。

エクイティレバレッジとは?

エクイティ(有効証拠金)によってレバレッジが変わる仕組みのこと。

このエクイティが多くなればなるほど、最大レバレッジが低くなり、必要証拠金も多くなります。

簡単にいうと大きな金額でのレバレッジは制限されるということです。

有名な通貨ペアにおける、証拠金残高と最大レバレッジの関係性を表にしました。

証拠金残高 最大レバレッジ
$5 – $10,000 1,000倍
$10,001 – $20,000 500倍
$20,001 – $40,000 200倍
$40,001 以上 100倍

このように、10万円以上の入金予定のトレーダーはハイレバで取引するのは難しいといえるでしょう。

なお、対応通貨ペアは為替中心なため、幅広い取引をしたい方には注意が必要です。

スタンダードFX口座のメリットとデメリット

スタンダードFX口座のメリットとデメリットをご紹介します。

  • 1ロット100,000通貨で取引できる
  • 最大1,000のレバレッジを賭けることができる
  • エクイティレバレッジが採用している
  • 日本円だけでなく米ドルやユーロ・仮想通貨を証拠金にしてトレードできる
  • 為替のトレードに特化している
  • 期間限定で行われる口座開設ボーナスや入金ボーナスを利用できる
  • 取引商品数が比較的に少ない
  • 証拠金が多くなるとレバレッジの制限がかかる
  • 為替や株式などの取引は可能ですが、仮想通貨での取引には対応していない

他の口座タイプに比べて魅力も多く、多くの方が開設している口座タイプです。

10万円以下で為替や株式のトレードをメインとするならおすすめですよ!

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
スタンダードFX口座のメリットとデメリットを比較して、自分に合っているのか判断しましょう。

スタンダードFX口座はこんな方におすすめ

スタンダードFX口座に向いている方はこんな方です。

  • 少額の資金でハイレバ取引したい方
  • 少額で資金を増やしたい方
  • 10万円以下ので取引する方
TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
スタンダードFX口座は、10万円以下の金額であれば、レバレッジの制限はかかりません。
そのため、10万円以下で取引する方にとっておすすめと言えます。

スタンダード+口座の特徴とメリット・デメリット

FXGTのスタンダード+口座は、上級者向けの口座タイプです。
FXだけでなく、仮想通貨や株式の取引も可能です。

スタンダード+口座
通貨単位 100,000
口座基本通貨 BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY
通貨ペア 為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数, メタルとエネルギー
最低スプレッド 1.5pips
取引手数料 $0
最大レバレッジ 1,000倍
初回最低入金額 $5
ボーナス 対象
最小取引ロット数(1ポジションあたり) 0.01
最大取引ロット数(1ポジションあたり) 100
最大保有可能ロット数(1口座あたり) 200
マージンコール 50%
ロスカットレベル 20%
追証 なし
詳細 詳細を見る

スタンダード+口座は、1ロット=100,000通貨の単位で取引でき、さらに最大1,000倍のレバレッジを賭けることができます。

FXGTで取り扱うすべての通貨ペアや仮想通貨、CFDを取引できるという魅力に獲得したボーナスを最大限活かしながらハイレバトレードできる特徴があります。

様々な通貨で取引できるためメジャー通貨やマイナー通貨、取引通貨がまだ決まっていない方はおすすめの口座タイプです。

スタンダード+口座のメリットとデメリット

スタンダード+口座のメリットとデメリットをご紹介します。

  • すべての為替や仮想通貨を取引できる
  • バランスよく通貨取引できる
  • 1ロット100,000通貨で取引できる
  • 最大1,000のレバレッジを賭けることができる
  • 日本円だけでなく米ドルやユーロ・仮想通貨を証拠金にしてトレードできる
  • 期間限定で行われる口座開設ボーナスや入金ボーナスを利用できる
  • PRO口座やECN口座と比べると取引手数料であるスプレッドが広め
  • 1ロットが100,000通貨なので利幅も損失も大きくなる恐れがある
  • 少額の取引には向いていない

スタンダード口座+は、1ロット100,000通貨で取引できますが、その分、利幅も損失も大きくなります。

少額から取引したい方は向いていないでしょう。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
スタンダード+口座のメリットとデメリットを比較して、自分に合っているのか判断しましょう。

スタンダード+口座はこんな方におすすめ

スタンダード+口座に向いている方はこんな方です。

  • ガツガツ資金を稼いでいきたい方
  • 自分の手法を確立している方
  • メジャー通貨やマイナー通貨での取引をしたい方
  • まだ取引通貨を決まっていない方
TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
通貨単位は1ロット=100,000通貨でレバレッジ最大1,000倍です。
さらに他の口座タイプと比べて、さまざまな取引通貨でトレードできる魅力がります。
また、取引通貨やどの口座タイプするか迷っている方にはおすすめ口座です。

PRO口座の特徴とメリット・デメリット

FXGTのPRO口座は、他の口座と比べとスプレッドが狭く、取引手数料もかからない優れた取引条件の口座タイプです。

手数料やスプレッドによる損失を減らしたい方におすすめです。

PRO口座
通貨単位 100,000
口座基本通貨 BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY
通貨ペア 為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数, メタルとエネルギー
最低スプレッド 0.6pips
取引手数料 $0
最大レバレッジ 1,000倍
初回最低入金額 $5
ボーナス 対象外
最小取引ロット数(1ポジションあたり) 0.01
最大取引ロット数(1ポジションあたり) 200
最大保有可能ロット数(1口座あたり) 200
マージンコール 70%
ロスカットレベル 40%
追証 なし
詳細 詳細を見る

PRO口座は、1ロット=100,000通貨の単位で取引でき、さらに最大1,000倍のレバレッジを賭けることができます。

PRO口座は、最低0.6pipsという狭いスプレッドと他の口座タイプと比べて低いうえに、取引手数料がかからない魅力があります。

取引回数が多くなってもスプレッドによる損失を抑えれるので、より利益を確保できる特徴があります。

PRO口座のメリットとデメリット

PRO口座のメリットとデメリットをご紹介します。

  • 1ロット100,000通貨で取引できる
  • FXGTの全銘柄をトレードできる
  • 最大200ロットまで注文可能
  • 最低0.6pipsのスプレッドでトレードできる
  • 日本円だけでなく米ドルやユーロ・仮想通貨を証拠金にしてトレードできる
  • 取引にかかる手数料がかからない
  • すべてのボーナスキャンペーンは対象外
  • マージンコールとロスカットレベルが高い

ボーナスキャンペーンはすべて対象外となっているので、自己資金でトレードしなければなりません。

なお、PRO口座はマージンコールとロスカットレベルが高めに設定されています。

マージンコール水準 ロスカット水準
70% 40%

他の口座に比べると、高めに設定されています。
そのため、ハイレバでトレードする方はあまり向いていない口座タイプです。

よりリスクを小さく保つように少額から取引することがおすすめです

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
PRO口座のメリットとデメリットを比較して、自分に合っているのか判断しましょう。

PRO口座はこんな方におすすめ

PRO口座に向いている方はこんな方です。

  • 細かく取引する方(スキャルピングトレーダー)
  • 様々な銘柄で取引したい方
TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
取引手数料があまりかからない口座タイプなので、スキャルピングトレーダーには最適と言えます。

ECN口座の特徴とメリット・デメリット

FXGTのECN口座は、他の口座と比べとスプレッドが狭い特徴の口座タイプです。
狭いスプレッドで取引できるためスキャルピングトレーダーにお勧めの口座タイプです。

ECN口座
通貨単位 100,000
口座基本通貨 BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY
通貨ペア 為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数, メタルとエネルギー, 株式, 仮想通貨, シンセティックペア, GTi12, [DeFiトークン], [NFT]
最低スプレッド 0.0pips
取引手数料 為替:$6/ロット
仮想通貨:0.1%/ロット
最大レバレッジ 1,000倍
初回最低入金額 $5
ボーナス 対象外
最小取引ロット数(1ポジションあたり) 0.01
最大取引ロット数(1ポジションあたり) 200
最大保有可能ロット数(1口座あたり) 200
マージンコール 70%
ロスカットレベル 40%
追証 なし
詳細 詳細を見る

ECN口座は、1ロット=100,000通貨の単位で取引でき、スプレッドの狭い口座タイプです。

最低スプレッドが0.0pipsと他の口座タイプの中で低く設定されています。

スプレッドが低いため、細かく取引を行う人にとって損失を抑えたトレードが可能となります。

なお、他の口座タイプと比べて手数料が6ドルと高く設定されいます。
口座タイプを繰り返す方にとっては大きな損失になる場合があるので注意が必要です。

大きいロットで取引した場合、スプレッドのほうが高いコストになります。

つまり、大きい取引を考える人にとっては最適と判断できます。

ECN口座のメリットとデメリット

ECN口座のメリットとデメリットをご紹介します。

  • すべての為替や仮想通貨を取引できる
  • 最低スプレッドが0pipsと狭く手数料を抑えられる
  • 1ロット100,000通貨で取引できる
  • 最大200ロットまで注文可能
  • 日本円だけでなく米ドルやユーロ・仮想通貨を証拠金にしてトレードできる
  • 取引手数料が6ドルかかる
  • 1ロットが100,000通貨なので利幅も損失も大きくなる恐れがある
  • 少額の取引には向いていない
  • ロスカット水準が40%と高く設定されている

1ロットあたりの取引対し、6ドルの取引手数料がかかる欠点があります。
ただし、スプレッドよりも取引手数料のほうが安く済ませれるメリットもあります。

つまり、大ロットでトレードする方にとっては損失を抑えれるということ。

なお、マージンコールとロスカットレベルが高めに設定されています。

そのため、証拠金にある程度、余裕をもって取引するようにしましょう。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
ECN口座のメリットとデメリットを比較して、自分に合っているのか判断しましょう。

ECN口座はこんな方におすすめ

ECN口座に向いている方はこんな方です。

  • 大ロットで取引する方
  • スプレッドのコストを抑えたい方
  • メジャー通貨やマイナー通貨での取引をしたい方
  • まだ取引通貨を決まっていない方
TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
大ロットで取引+取引回数が多い方におすすめの口座タイプです。

FXGT6種類の口座タイプを項目別に比較

口座タイプの特徴からメリットとデメリットをご紹介しました。

以下の、それぞれの違いを各項目別にご紹介します。

  1. 取引サイズ
  2. 取り扱い銘柄
  3. スプレッド
  4. 取引手数料
  5. ロスカットレベル・マージンコール

自分が重要視している点を把握して、適切な口座タイプを開設しましょう。

項目別比較1

取引サイズ

口座タイプの違いで最も比較対象になるのは「取引サイズ」です。

1ロットの取引サイズによって価値が異なるので、選ぶ上での判断基準にしましょう。

口座タイプ 取引サイズ
セント口座 1ロット=1,000通貨
ミニ口座 1ロット=10,000万通貨
スタンダードFX口座 1ロット=100,000万通貨
スタンダード口座+ 1ロット=100,000万通貨
PRO口座 1ロット=100,000万通貨
ECN口座+ 1ロット=100,000万通貨
項目別比較2

取り扱い銘柄

取り扱い銘柄も口座タイプによって大きく異なります。

銘柄 スタンダード
PRO
ECN
スタンダードFX ミニ セント
FXメジャー
FXマイナー
FXエキゾチック
仮想通貨
株式指数
個別株
貴金属
エネルギー
シンセティック
GTi12

「スタンダード口座」と「ECN口座」はFXGTの全銘柄で取引できます。

さまざまな通貨で取引したい方はこれらから判断しましょう。

項目別比較3

スプレッド

スプレッドも取引する上で重要な指標となります。

銘柄 スタンダード
スタンダードFX
ミニ セント PRO ECN
USDJPY 1.4pips 1.4pips 1.9pips 0.8pips 0.3pips
EURJPY 2.1pips 2.0pips 2.5pips 0.9pips 0.3pips
GBPJPY 3.3pips 3.4pips 3.5pips 2.7pips 1.2pips
AUDJPY 3.2pips 3.1pips 3.3pips 2.3pips 1.0pips
EURUSD 1.6pips 1.6pips 1.9pips 0.8pips 0.3pips
GBPUSD 2.1pips 2.1pips 2.5pips 1.2pips 0.5pips
AUDUSD 1.8pips 1.9pips 2.4pips 1.2pips 0.5pips
USDCAD 2.3pips 2.4pips 2.6pips 1.7pips 0.7pips
USDCHF 2.3pips 2.5pips 2.3pips 1.4pips 0.5pips
BTCJPY 2415 2105 2031 1650
ETHJPY 315 282 223 240
XRPJPY 0.326 0.326 0.312 0.275
XAUUSD 0.42 0.42 0.31 0.25
USOIL 0.16 0.16 0.12 0.06
US30 0.45 0.45 0.42 0.00
JP225 10 10 9 6

スプレッドは、「PRO口座」と「ECN口座」がもっとも狭く、比較すると中でも「PRO口座」優位です。

項目別比較4

取引手数料

ECN口座飲み1ロット(10万通貨)の取引あたり10ドルの取引手数料が発生します。

なお、その他の口座タイプは取引手数料は無料で、スプレッドのみが取引コストとなります。

項目別比較5

ロスカットレベル・マージンコール

スタンダード+・スタンダードFX・ミニ・セント口座は、ロスカットレベルが20%、マージンコールが50%に設定されています。

PRO口座はECN口座は、ロスカットレベルが40%、マージンコールが70%に設定されています。

口座タイプ ロスカットレベル マージンコール
スタンダード 証拠金維持率20% 証拠金維持率50%
スタンダードFX 証拠金維持率20% 証拠金維持率50%
ミニ 証拠金維持率20% 証拠金維持率50%
セント 証拠金維持率20% 証拠金維持率50%
PRO 証拠金維持率40% 証拠金維持率70%
ECN 証拠金維持率40% 証拠金維持率70%

ユーザー別のおすすめ口座タイプ

FXGTのユーザー別におすすめの口座タイプをご紹介します。

なお、口座によっては良し悪しがあるので一概に断言しておすすめすることはできませんが、あなたにあった資金やレベルに合わせたものを選びましょう。

なお、追加口座のシステムが導入されています。
もし、口座タイプが合わない場合は口座を追加しましょう。

FXGTのユーザー別おすすめ口座タイプはこちらです。

ひとつひとつ詳しく解説していきます。

おすすめ1

口座タイプで迷っているなら「スタンダード+口座」

初心者から中級者におすすめなのは、「スタンダード+口座」です。

というのも、「スタンダード+口座」は、為替や仮想通貨、株式、NFTなどのFXGTの全銘柄を取引できます。

主要な通貨からマイナーな通貨まで幅広く取引できるので、さまざまな通貨で取引したい方にはおすすめです。

さらに、他の口座タイプに比べてスプレッドや通貨単位のバランスがいいため、初心者から中級者まで人気の高い口座タイプです。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
これらに合わせてボーナス対象の口座タイプなのも大きな要因です。
口座タイプに迷っているなら「スタンダード+口座」を選びましょう。
おすすめ2

小さい資金で取引するなら「ミニ口座」

1万円未満の少額資金で無理なく取引したい方なら「ミニ口座」がおすすめです。

先ほど紹介したスタンダード口座の10の1のサイズで最初いう100通貨から取引できる魅力があります。

コツコツ少額から積み上げたい人にとっておすすめの口座タイプと言えます。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
取引が小さいサイズの「ミニ口座」と「セント口座」を比較して迷われている方も多いですが、「ミニ口座」をおすすめします。

というのも、「セント口座」は為替や仮想通貨、CFDは一切取引できません。また、スプレッドもやや広めの設定なのであまりおすすめできません。

おすすめ3

スキャルピングなら「PRO口座」

「PRO口座」は上級者に向いている口座タイプで、取引回数が多いトレーダーにおすすめです。

PRO口座はスプレッドが狭く、手数料無料で取引できる口座なので、注文数量を多く持てるため、資金力のある人にとって取引条件がいい口座タイプとなります。

ですが、PRO口座はボーナスキャンペーン対象外やマージンコールやロスカットの水準が他の口座タイプに比べて高めです。
なお、スプレッドは「ECN口座」より高めです。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
スタンダード口座よりも取引手数料がかからなく、複数回取引する方なら断然、PRO口座がおすすめです。
おすすめ4

大きい取引をするなら「ECN口座」

FX業者を介さずに直接電子取引所に注文を行うため、最もスプレッドが狭い「ECN口座」は、大口で取引をする方にとって最適の口座タイプと言えます。

「ECN口座」は「PRO口座」よりもスプレッドが狭い特徴があります。

大口取引で少しでもスプレッドを抑えたい方は「ECN口座」が最適です。

ただし、ボーナスキャンペーン対象外やマージンコールやロスカットの水準が他の口座タイプに比べて高めです。

TRYKMAGAZINE
FXGTガイド
大口で取引する方なら「ECN口座」がおすすめです。
なお、スキャルピングをするなど取引回数が多い方は、取引手数料がかからない「PRO口座」がおすすめです。

FXGTの口座タイプに関するよくある質問

FXGTの口座タイプに関するよくある質問をまとめました。

質問1

FXGTで仮想通貨を利用できる口座タイプはどれですか?

FXGTの取引で仮想通貨を利用できる口座タイプは

  • ミニ口座
  • スタンダード+口座
  • PRO口座
  • ECN口座

この4つの口座タイプです。

質問2

おすすめの口座タイプはどれですか?

初心者や上級者かかわらず、すべての通貨を利用できる「スタンダード+口座」がおすすめです。

質問3

口座タイプを複数持てますか?

異なる口座タイプを利用するには、追加で口座を開設する必要があります。

まとめ:複数の口座を追加できるので口座タイプを使い分けよう

FXGTの口座タイプは6種類あり、それぞれの特徴からメリットとデメリットをご紹介しました。

各おすすめの口座タイプをまとめると次の通りです。

自分の取引資金やレベルに合わせて適切な口座タイプを選びましょう。

なお、FXGTは追加口座というシステムがあります。

一人で最大8つの口座を持てるので、最初はボーナスが獲得できる「スタンダード口座」を利用することをおすすめします。

今だけのボーナス特典でお得にFXをするならFXGT

口座開設ボーナス
新規口座開設ボーナスを利用すれば、ノーリスクでFXの取引が始められます。
さらに、国内取引所などの他の業者にない魅力があります。

FXGTの魅力

  • 豪華なボーナスキャンペーンでお得にFX取引
  • 最大1000倍のレバレッジで少額から大きな利益を出すことが可能
  • 130種類以上の取り扱いペア
  • 安心のゼロカットシステムで入金額以上の損失無し
  • 金融ライセンス取得済み
  • 日本語でのサポート体制が充実
今なら新規口座開設後、本人確認完了するだけボーナスがもらえます。 ぜひ、この機会に新規口座ボーナスを利用しましょう。
新規口座開設ボーナスを受け取る
FXGTで口座開設する

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる